三島市の歯医者・歯科|山本歯科医院

055-975-0119

診療案内

虫歯

虫歯は進行の度合いによって、いくつかの段階に分けられます。症状が軽いうちは簡単な処置で済みますが、そのぶん痛みもないので患者さまが気づけないことも多々あります。早期発見・早期治療のためにも、定期検診を受けましょう。

もっと見る

虫歯がさらに進むと、痛みが出ます。重症化している場合は、神経を抜かなくてはならない可能性が出てきます。また、治療のために歯を削るので、詰め物・被せ物をして蓋をしなくてはいけなくなります。

詰め物・被せ物はあくまで人工物です。天然の歯のように、長く使い続けられるものではありません。また、隙間に汚れが溜まることで、虫歯を再発しやすくなっています。つまり、早め早めの処置が、お口の健康を長く維持することにつながります。歯に少しでも違和感を覚えたら、すぐに当院にいらしてください。

歯周病

初期の歯周病には痛みもなく、気をつけていなければ自覚を持てないままどんどん悪化していきます。その上、放っておくと歯が抜け落ちてしまうこともある怖い病気です。予防のためにも、定期検診を受けることをおすすめします。

もっと見る

歯周病菌は歯を支えている組織、つまり歯ぐきや骨を壊していきます。始めのうちは歯ぐきが赤くなる程度の症状しかありませんが、最終的には歯がぐらぐらになり食事もままならなくなるまで悪化してしまいます。「歯磨きをすると血が出る」「口の中がねばねばする」「口臭が気になる」といった症状がある方は、歯周病を疑ってみてください。

歯周病はとても恐ろしい病気ではありますが、日々のケアと歯科医院でのメンテナンスを繰り返すことで改善が見込めます。当院と一緒に、歯周病から歯とお口の健康を守っていきませんか。

インプラント

インプラントとは、失われた歯を人工の歯で補う治療法です。土台が安定しているので自分の歯のようにしっかり噛めて、見た目も天然歯と見分けがつかないほどきれいです。

もっと見る

失った歯の本数に関わらず、あらゆるケースに対応できるのも、この治療法の強みです。歯がまったくない場合でも、数本のインプラントを支えにすることで、安定感のある入れ歯をつくることができます。

また、ブリッジのように歯を削ったり、入れ歯のように歯に金具をかけて固定したりもしません。歯にかかる負担が減るので、残った歯の寿命を延ばせる可能性も高まります。

非常に利点の多い治療ではあるのですが、手術が必要だったり、自由診療だったりといったデメリットも持っています。患者さまにご理解いただけるまでしっかりと説明をしますので、ぜひお気軽にご相談にお越しください。

予防歯科

虫歯も歯周病も、初期の段階では痛みが少なく、自覚を持つのが大変難しい病気です。定期検診を受けるのはもちろんですが、普段から予防に取り組むことも大切です。ここでは、具体的な予防の仕方をいくつかご紹介させていただきます。

もっと見る

そもそも、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌・歯周病菌はいません。虫歯にかかるとすれば、菌を持つ家族から感染するか、ケアの仕方が悪かったり、食習慣が不規則だったりすることで菌の増殖を助長するかのどちらかです。

糖分は虫歯菌の大好物です。そのため、だらだらと不規則に甘いものを口にしていると、虫歯菌はどんどん歯を溶かしていきます。そのため、甘いものを摂る時間はあらかじめ決めておくと良いでしょう。特に自制の効かないお子さまの場合は、親御さまがしっかりおやつの時間を管理してあげてください。

虫歯予防には毎日の歯磨きも欠かせません。しかし、いくら歯を磨いても虫歯になってしまう方もいらっしゃいます。それは、手の癖で歯ブラシが当たらない場所ができてしまっていることが原因です。

お口の中の状況は人それぞれ違います。歯並び、被せ物の有無、歯ぐきの状態によっても磨き方のコツがあります。当院ではその方に合った歯ブラシの使い方、ケアグッズの選び方もお伝えしています。一緒に、効率的な歯の磨き方を探していきましょう。

美しい歯の治療

当院では、歯を白く、美しくする治療もご用意しています。そのためにさまざまな素材をとりそろえました。虫歯の治療跡を目立たなくすることもできるので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

もっと見る

前歯などの目立つ場所には、セラミックをおすすめします。セラミックは天然の歯と同じような透明感を持ち、変色もしづらい素材です。金属を含まないので、金属アレルギーにかかる心配もありません。

セラミックをつけ爪のように加工して、歯に貼りつけることもできます。天然の歯をなるべく削らず、それでいて歯の形や色を整えられます。

奥歯には、強度に優れたジルコニアセラミックが適しています。奥歯の咬合力にも耐えながら、美しい輝きを放ってくれます。

当院はどのような治療をするにしても、天然歯を傷つけないことを大前提にしています。あくまで健康的に、白くてきれいな歯をつくるお手伝いができるよう努めています。

小児歯科

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、虫歯菌がいません。そのため、親御さまの管理次第で、虫歯の発症リスクは変わります。早めに予防に取り組み、お子さまのお口の健康を守ってあげましょう。

もっと見る

乳歯のすぐ下では、永久歯がすくすくと育っています。しかし虫歯などで乳歯が抜かれてしまうと、隣の歯が空いたスペースに寄ってきてしまい、永久歯が生えるべき場所が無くなります。当然、歯はガタガタに生えてくるので、歯並びが悪くなります。二次的な影響で、歯の質が弱くなることもあります。

お子さまの歯を虫歯にしないためには、規則正しい食生活を送り、日々の歯磨きを欠かさないことが大切です。食事やおやつは決まった時間に摂り、仕上げ磨きをしてあげてください。そういったちょっとしたことの積み重ねが、お子さまの健全な歯を育てます。