〒411-0855
静岡県三島市本町5-6

TEL:055-975-0119

三島市 歯医者、歯科インプラントの山本歯科医院。

小児歯科

CONTENTS MENU

  • 料金表
Mobile Site
HOME≫  小児歯科

生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には虫歯菌は存在しません!

生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には虫歯菌は存在しません!

虫歯菌は、口うつしや、お箸、スプーンなどを共有することによって、唾液に混じってうつっていくと考えられます。
乳歯が生え始める3歳くらいまでに、主な保育者である母親から、うつり易いようです。
母親だけでなく、家族皆が気をつけて、感染の機会を減らしましょう。
うっかりということもありますので、赤ちゃんが生まれる前に、家族の口腔内環境を整えておくことも大切なことですね。

乳歯が虫歯になると、永久歯の歯並びや色、質に影響します。

「乳歯はどうせ生え変わるから、虫歯になっても大丈夫」と考えていませんか?
乳歯のすぐ下には永久歯が育っています。永久歯が成長すると乳歯の根は徐々に吸収されて短くなり、正しく生えるべき場所へと永久歯を導きます。
虫歯で早期に乳歯が無くなると隣の歯が寄ってきてしまい、永久歯は正しい場所に生えることができないので、歯並びが悪くなることがあります。
又ひどい虫歯で乳歯の根のまわりに膿が溜まると、永久歯の色が部分的にくすんだり、質の弱い歯になることもあります。

健康で美しい歯並びを得る為に今できることは?

【規則正しい食生活】

頻繁な間食やダラダラ食べにより、口腔内は酸性状態が続き、虫歯になり易くなります。
間食はできるだけ控え、決まった時間に摂り、規則正しい食生活を心がけましょう。
又唾液は、汚れを洗い流し、酸性になっていた口腔内を元に戻して歯の再石灰化を促してくれます。
しっかり噛んで食べることで唾液の量を増やしましょう。
 

【規則正しい食生活】

【歯磨きの習慣

口腔内の虫歯菌と糖を含む食品(おやつやジュース類など)が、同時に存在する時間が長くなればなる程、
虫歯はでき易くなります。食べカスはできるだけ早く取り除きましょう。
6ヶ月頃に下の前歯が生えてきたら、ガーゼなどで清掃習慣を始めます。
奥歯が生えたら、1日1度、できれば寝る前に咬み合わせの溝をブラシで磨いてあげて下さい。

6才で永久歯が生える頃には、自分で歯磨きをしているでしょう。
しかし、最初の永久歯は、手前の乳歯よりも一段低くてブラシも届きにくいので、磨き残しが多く、まだまだ大人の仕上げ磨きが必要です。
お母さんもお忙しくて大変でしょうけれど、せめておやすみ前は助けてあげてくださいね。

【フッ素やキシリトールを使用する】

フッ素は歯の表面を強くし、歯を溶かす酸に対する抵抗力をつけます。
又虫歯で脱灰した表面の再石灰化を促します。
キシリトールは虫歯をつくるミュータンス菌の数を減らし、歯を溶かす酸の生成を抑制します。
甘さにより唾液の分泌も促進されます。
毎食後摂ると、かなり大きな予防効果が得られます。

【定期検診を受ける】

乳歯の虫歯は進行が早いので注意が必要です。
できれば削ったり抜いたりという辛い治療をしなくてもよいように予防することが大切です。
御家庭での毎日の習慣的なケアが大切なのは勿論ですが、少なくとも半年に1度の定期健診をお勧め致します。
フッ素塗布は3ヶ月~4ヶ月に1度が効果的です。
初期虫歯には、削らないで溝に白い樹脂を流し込む、シーラント処置が有効です。
その時期にあった歯磨きの仕方や食事の摂り方もアドバイス致します。
各市町行政より出されている「子ども受診者証」を上手に利用して早めの治療を心がけ、
歯の健康を維持していきましょう。