〒411-0855
静岡県三島市本町5-6

TEL:055-975-0119

三島市 歯医者、歯科インプラントの山本歯科医院。

インプラント

CONTENTS MENU

  • 料金表
Mobile Site
HOME≫  インプラント

インプラントとは?

インプラントとは?

失われた歯の場所に歯根の代わりになる人工歯根 「インプラント」を埋め込み、その上に歯を取り付ける治療法です。

機能的・審美的に天然歯に極めて近く、自然な美しさ、自分の歯のような噛み心地を取り戻すことができ、歯を失った方に大きな喜びをもたらしてくれます。

従来の治療方法とインプラント治療の比較

治療方法 良い点 欠 点



ブ リ ッ ジ ・装着時も違和感がほとんどない。
・天然歯に近い審美的な修復が可能。
・保険が適用される。
・少数歯欠損にのみ適応できる
・ブリッジを支えるために、両サイドの歯は、健康であっても削る必要がある
・支えになる歯には大きな力がかかり、将来歯を失う可能性が高くなる。


入 れ 歯 ・ブリッジができないような多数歯欠損にも有効。
・健全な歯を削ることはほとんどない。
・保険が適用される。
・バネによる隣の歯への負担が大きい。
・噛む力が健康な状態に比べて30~40%くらいになる。
・取り外して手入れをする必要がある。
・口の中に違和感を感じやすい。
・食物が挟まって口の中が不衛生になりやすい。
・場合によっては健康な歯を削ることもある。





イ ン プ ラ ン ト ・機能的にも審美的にも天然歯とほとんど変わらない。
・健康な歯を削る必要がない。
・少数歯でも多数歯でも適応できる。
・インプラントでしっかりと噛める歯ができると、弱っている自分の歯にかかる負担が少なくなり、残りの歯の寿命を延ばすことができる。
・インプラントを顎の骨に埋め込む手術が必要
・全身の疾患がある場合には治療ができない場合がある。
・保険適用以外なので費用は手術の内容、本数により算定。

インプラント治療の進め方

1stage 診断と治療計画
全身疾患の有無や口腔内状況をチェックします。
必要な時は先に歯周病治療を行い、症状を安定させます。
レントゲン、必要に応じてCT撮影を行ないます。
レントゲン画像、3D(三次元)画像解析により顎骨の位置関係、骨量、神経等も確認、診断後、綿密なインプラント治療計画を立てます。
可能な治療計画を説明し、御理解を得て御同意をして頂きます。


2stage 手術
手術当日、血圧、心拍数、動脈血酸素飽和度を測定し、体調を確認します。
必要に応じて鎮静療法を用いて緊張を解きます。
局所麻酔後、顎骨に作った孔にインプラントを埋入します。
(症例によって歯肉切開を行なう場合と、無切開で行なう場合があります。埋入時間は1本およそ15分ですが、本数や症例、骨再生療法の有無によっても増減します)
前歯部で審美的に必要である時は、簡単な仮歯を装着します。


3stage インプラントと骨の結合を待つ
数回来院による消毒とチェックを行ないます。
2~12週間後、インプラントと骨がしっかりと結合したことを確認して、その上に仮歯を装着します。(症例によっては埋め込まれたインプラントの頭部を切開して露出させてから行ないます。)


4stage インプラント上部構造を装着
2週間ほど仮歯で、高さ・噛み合わせ・形などをチェックした後、上部構造を装着します。


5stage 定期検診
インプラントを長く御使用頂く為には、継続的な口腔内衛生管理が必要です。口腔内の状況に合わせて、定期メンテナンスの御案内を差し上げますので、必ずお越し下さい。

インプラント治療のバリエーション

歯を1本失った場合

ブリッジのように両隣の健康で美しい天然を削る必要がなく、術後は天然歯とほとんど変わりない修復が可能です。
形も色調も患者様の満足のいく結果を得られます。

 
歯を1本失った場合

多数の歯を失った場合

歯のない部分が広い場合、従来は取り外し式の部分入れ歯で機能回復を行なっていました。 インプラントであれば、欠損部の内の数本をインプラント埋入し、それを土台に固定式のブリッジを被せることができます。
 
多数の歯を失った場合

歯がまったく無い場合

従来の入れ歯では安定しないような場合であっても、4本のインプラント上部にバー状の維持装置を取り付けて、その上に取り外し式の入れ歯を装着することで、しっかりと咬むことが可能になります。
又たった2本のインプラントと入れ歯、双方に磁石を取り付けることでも、大変安定感のある快適な入れ歯となります。


歯がまったく無い場合


<よくある質問>を御参照下さい。

使用インプラント